RECYCLING

RECYCLING

産業廃棄物 処理・リサイクル(西向島)

24時間受入可能なリサイクル施設を実現

「西向島リサイクルセンター」は敷地面積約 9,240m²のがれき破砕施設(ストック量 7,000m³)と、木くず破砕施設(ストック量 350m³)を伏せ持つ、全天候型の大型産業廃棄物処理施設であります。
近隣への粉じん飛散や騒音抑制にも配慮し、安全でクリーンな処理・リサイクル作業を行っております。また「昇和」では、3R(リデュース:減らす)、(リユース:再使用)、(リサイクル:再資源化)の考えに即し、再使用・再資源化を促進。運ばれてきた廃棄物は受け入れ時に厳しい基準でのチェックを行い、がれきは高品質な再生砕石に、木くずはバイオマス発電の燃料チップや製紙用原料に100%リサイクルしております。
■石綿含有廃棄物(レベル3)積替え保管施設 通常の産業廃棄物収集運搬の許可では、現場から排出したその日のうちに処分場まで運搬することが原則となっております。しかし、産業廃棄物収集運搬(積替え保管あり)の許可があれば一度、保管施設(西向島リサイクルセンター)に廃棄物を運搬して、一定の保管量まで達すればまとめて処分場までの運搬が可能になります。このように運搬の効率性の高めることができるのが、産業廃棄物収集運搬(積替え保管あり)のメリットであります。 保管容量 16m³

処理・リサイクル例

産業廃棄物 処理・リサイクルの取扱品目と処理能力

「木くず」または「がれき類」の破砕施設がれき類 2,340t/日汚泥・ガラスくず 2,340t/日
「木くず」または「がれき類」の破砕施設木くず 27.2t/日金属くず 15.4t/日 ガラスくず 64.8t/日 紙くず 23.3t/日 繊維くず 17.1t/日
廃プラスチック類の破砕施設廃プラスチック 22.2t/日
汚泥の天日乾燥施設汚泥 2.6㎥/日
レベル3石綿含有廃棄物 積替え保管保管容量 16㎥
※全ての品目の石綿含有産業廃棄物を除く
※上記の処理能力は、それぞれ単独処理時のもの
関連情報 | 取得許可 重機・車両
大阪本社

本社・解体部門

平日 8:00~17:00

株式会社 昇和 東京支社

東京支店

平日 8:00~17:00

北港リサイクルセンター

リサイクル部門
(北港リサイクルセンター)

平日 8:00~17:00

西向島リサイクルセンター

リサイクル部門
(西向島リサイクルセンター)

平日 8:00~17:00

MAIL FORM

メールでのお問い合わせ